前へ
次へ

在宅医療では新しいスタートラインに

在宅医療の現場で働く訪問看護師の中で、レベル1初心者のキャリアラダーの設定において反論はなく、その設定に納得できるという人も多いですが、レベル2の新人に関しては、ベテランナースでも新人扱いなのかという声もあります。
しかし、たとえ、医療機関で同じ経験を積んでいる人であろうと、在宅にかかわる訪問看護の現場にくれば、新たなスタートラインに立つというのが一般的な考え方です。
つまり、経験はあるので、まったくの初心者ではないけれど、訪問看護では、新人扱いということになります。
しかし、それでも病院勤務から転職してきた看護師の中には、異論を唱えてくる人もいますが、病院での臨床能力は、訪問看護の場で発揮できる臨床能力とは同じではないと、経験している人がいるからこその設定であるということを理解することが大事です。
そして、新人とは訪問看護の経験はあっても、別の事務所から移ってきた人や准看護師として訪問看護の経験はあるけれど、正看護師として新たに在宅医療に従事する者も含まれます。
なぜなら事務所の環境や変わる立場によっても求められる役割、果たすべき役割が大きく変わるからです。
病院では中堅やベテランだった人は、疾患に対する計画は立てられても、利用者やその家族を含めた生活や人生を支えることを念頭においた訪問看護計画は考えられなかったりします。
そのため、未経験者、新人レベルとしてスタートすることになっています。

Page Top