前へ
次へ

医療事務は患者さんへ応対し、書類を作成します

患者さんが病院に来院してまず顔を合わせるのが医療事務の方です。
診察の受付や会計などの案内を受けることでしょう。
初めて受信する場合は診察券の発行も行います。
診察が終われば診療費用を計算し、提示された金額を支払います。
患者さんは体に不調を抱えていたり気分が悪い時もあります。
そんな時は笑顔で対応するなど細やかな気配りが必要です。
事務作業だけでなく、コミュニケーション能力も求められるのです。
専門性が最も求められるのがレセプト業務です。
患者さんは医療費を負担しますが、負担額は2~3割であり残りは国が負担します。
負担するのは健康保険組合や国民健康保険組合などとなります。
各病院やクリニックは請求するために明細書となるレセプトを作成します。
レセプトには氏名や病院名だけでなく、病名や処置方法や薬を記載します。
診療には報酬点数というものがあり、1か月分を記載します。
月末には提出する必要があるので期日まで行います。
情報に誤りがあると戻されてしまうので正確さが問われます。

Page Top