前へ
次へ

不妊で悩んでいる人は専門の医療機関を受診したい

現代は30代を過ぎてから、赤ちゃんを授かりたい人が増えていますが、結婚後1年を過ぎても妊娠の兆候が見られず悩んでいる人も多いです。
不妊が疑われる場合は、夫婦で専門の医療機関を受診することが大事です。
男性の場合は精液を採取して、精子の量や形状に異常がないか確認をしてくれます。
女性の場合は超音波エコーなどで、卵巣や子宮に異常がないか確認をしたり、内診による検査も行っています。
二人とも体に異常が見られない場合は、タイミング法による不妊治療を行います。
不妊で悩んでいる人には、専門の医療機関ではタイミング法や排卵誘発剤の治療を提案しています。
体に特に異常がない場合は、排卵日を特定して性行為を持つことで、待望の赤ちゃんを授かった人も多いです。
卵巣や子宮に異常が見られる場合は、適切な治療を行います。
タイミング法で赤ちゃんが授からなかった時は、人工授精なども行います。
子宮内に精子を注入することで、妊娠率を高めることが可能です。

Page Top