前へ
次へ

在宅医療におけるキャリアラダー

在宅医療の現場で活躍する訪問看護師には、ベテランの人が多くいるといわれていますが、訪問看護で3年から5年目であれば、まだ一人前のレベルで、人によっては一人前とはいえないレベルの人もいます。
そのため、臨床看護実践における五つの能力レベルとは異なってきます。
訪問看護のキャリアラダーはレベル1を初心者とし、レベル2を新人にしていて、一見、初心者と新人はどこがどう違うのか疑問視をする人も多いです。
初心者の達成目標は、ケアチームの一員としての自覚を持ち、同行訪問を通じて訪問看護の基本を学ぶことです。
そして、看護師として臨床看護実践の未経験者が該当し、新卒看護者や健診やクリニックなどでバイトのみの経験がある人、保健師や助産師としての経験はあるものの、ナースとして臨床状況に身を置いた実務経験がほとんどない人などはレベル1のスタートとなります。
一方、新人の達成目標は、同行訪問を中心として、相談や指導を受けながら在宅医療の現場で、訪問かごの実践ができることです。
また、看護師として、病院勤務などの事務経験があるものの、訪問看護の経験はないという人も該当します。

Page Top