前へ
次へ

医療現場に欠かせない薬や技術とは

病院に行っても必要な薬や点滴などがなければ、適切な処置がなされないことがありますが、大きな病院によってさまざまな設備が整っていることは恵まれた環境です。
日本では救急車やドクターヘリがあり、道路も整備されているため、緊急を要する患者を速やかに適した病院に移動することが可能です。
さまざまな症状を緩和させるには、睡眠薬や抗生物質などの薬も必要な場合があります。
しかし、それらを処方するには、医師の判断が欠かせませんし、適量でなくては副作用が起こるリスクもありますが、すばやい医療行為が行える医師がいる日本ではミスは格段に少なく安心です。
多くの人が病院に行く日本では、安心して任せられる環境が整っていることが当たり前ですが、医師や看護師の医療に対する姿勢がそれを実現しています。
また、時間がかかっても新薬を作り出す薬剤師が活躍している環境があることが、医療の技術がストップせずに飛躍することを可能にしています。

Page Top