前へ
次へ

年齢に合わせた医療の携わり方がある

医療に携わる者として、年齢に合わせた勤務先を選択しなければならないのは、命を診るから、加えるならば衰えが懸念材料になるからです。
例えば、60代ならば、診療科目としては内科外来・健診・人間ドックでしょう。
企業健診・ドック系ならば、女性も活躍が期待できます。
外来好きであれば、ドック系より外来を条件にすればいい話、ゆったりした勤務を望むのなら、内科外来でも年齢層が高めの受診者が目立つ病院を選択できます。
30代では、そろそろ子供に一番手のかかる時期、40代なら一段落する時期でしょう。
近年では、神経内科勤務を希望する女性医療従事者も少なくありませんが、子供に手がかかるのであれば非常勤の複数掛け持ち、半日ドックへの転職などもアリとする医療機関の実態もあります。
それだけ、人材不足がまだまだ問題視されていることが、こうした専門求人情報から察しがつきます。
病院では、曜日別で担当医が異なります。
空きがあるなら、人工透析や一般内科外来など、幅広く勤務内容の希望を出すことも可能です。
もちろん曜日、しかも時間も限られている部分がどう影響してくるのか、この業界ではお試し期間はありません。
すぐに辞められては困るからこそ、職場見学を提案しています。
そのための交渉人、エージェントの存在もあります。

Page Top